監査法人 浩陽会計社

法人案内

監査法人浩陽会計社の沿革

監査法人浩陽会計社のルーツは、公認会計士制度の初期にまで溯ります。代表社員稲井幸晴が公認会計士第3次試験に合格したのが、関西電力本店経理部勤務時代の昭和35年12月15日でした。その後、昭和37年9月に同社を円満退社し、同年10月に公認会計士稲井幸晴事務所を創業しました。
当時は監査業務、公認会計士法第2条第2項業務、及び税理士業務の全てを公認会計士事務所で実施しておりました。これは、それら全ての業務が職業的専門家としての関連業務であり、関連業務全体の知識と技能を有しなければ完全な業務の完結は不可能であるとの考えからでした。
この公認会計士事務所を母体として監査法人を設立することとなり、稲井幸晴と、同様に大手企業の経理部での実務経験があった横田穣治氏を中心として、企業における経理実務経験のある公認会計士が監査を行う、という特色を持った監査法人として、昭和51年6月に蔵証第728号により監査法人の認可を受けて設立されました。監査法人の名称は京都・嵯峨野にある、伊勢神宮ともゆかりのある野宮神社の宮司の発案により、明るい広い心で事業を発展させて行くと言う意味を込めて「浩陽会計社」となりました。

法人概要

名称
監査法人 浩陽会計社
設立年月日
昭和51年6月
所在地
〒530-0005
大阪市北区中之島6丁目1番54号
TEL:06-6443-4452
FAX:06-6443-4454
資本金
12,500千円
構成人員(令和3年9月現在)
代表社員(公認会計士)
4名
社  員(公認会計士)
2名
公認会計士(含非常勤)
15名
公認会計士試験合格者
1名
その他
1名
合  計
23名
アクセス

業務管理体制の整備及び業務の運営の状況

業務の執行の適正を確保するための措置について
当監査法人の社員及び職員が公認会計士法及び関連諸法令を遵守し、職業倫理を守り独立性を維持して業務執行の適正を確保するため、当監査法人は「監査の品質管理規程」を制定し、業務の円滑な実施を図っております。なお、社員資格は公認会計士の登録を受けた後、3年以上継続して監査業務に従事した経験者に限定し、社員会を当法人の最高決議機関と位置付け、公認会計士法他関係法令の遵守を基礎に業務を実施しております。また、業務上必要なIT基盤については、クライアント・サーバー方式を採用し、施設については、事務所の面積165㎡、書庫(調書保管用)40㎡を確保し、財務については分相応の財務状況を確保維持しております。
業務の品質の管理の方針の策定及びその実施に関する措置について
当監査法人は「監査の品質管理規程」を制定し、次の事項を厳守する体制を整備運用しております。
 1)監査及びその他の業務に関する法令、規定の遵守に関する事項
 2)業務に関する職業倫理の遵守及び独立性の確保に関する事項
 3)業務に係る契約の締結及び更新に関する事項
 4)業務を担当する専門要員の採用、教育、訓練、評価及び選任に関する事項
 5)業務の実施及びその審査並びにこれらの監視に関する事項
  ①専門的な見解の必要な場合は、その意見を聴取する
  ②監査上の判断の相違については、社員会の協議により解決する
  ③監査証明業務に係る審査については、当監査法人の「審査規程」による
  ④品質管理システムの日常的監視、監査業務の実施及び審査に関する定期
   的検証については、当監査法人の「品質管理システムの監視規程」による
  ⑤「監査における不正リスク対応基準」適用監査業務に関しては、同基準
   及び関連監査基準委員会報告・要求事項及び適用指針に準拠して監査を実施する

当法人の品質管理責任者は業務の品質管理に関する各種措置が概ね適正に整備され、かつ、これらの品質管理に係るシステムが概ね円滑に運営されているものと認めております。
契約の状況(令和3年度)
会社法監査
7社
労働組合法監査
2社
準会社法監査
9社
その他任意監査
13社
非営利法人監査
7社
法2条2項業務
17社
合  計
55社
当監査法人の組織の概要